東京都豊島区池袋2-8-3 田中ビル 1F

03-3985-1426

[月~土]17:00~0:00 [日祝]17:00~22:00

焦げない !ちぢまない!煙もほとんど出ない!
青竹を使った新しい肉焼きを全卓に導入します。
もちろん追加料金一切なし。今までと同じ金額で焼肉体験をしていただけます。
例えばしっかり焼いて食べる人が多いホルモン、さらについつい焦がしてしまいがちな野菜などのサイドメニュー、もちろんカルビ等の脂身の多い肉でも、ほぼ焦がさず、縮むこともありません。
夕食に焼き肉を選ぶ際に気を遣う煙や匂いも従来の鉄網の焼肉に比べると大幅に減少するので、大切な方とのお食事などでも安心して焼肉をお選びいただけます。

焦げない

青竹が適度に発する水分が「焼きすぎ」をなくし、脂身の多いお肉でもしっかりきれいに焼くことができます。
もちろん味は従来通り!加えてほのかに香る青竹の風味を感じてください。

ちぢまない

青竹が適度に発する水分が「焼きすぎ」をなくし、脂身の多いお肉でもしっかりきれいに焼くことができます。
もちろん味は従来通り!加えてほのかに香る青竹の風味を感じてください。

煙がほとんど出ない

青竹の水分が水蒸気として若干上がることはありますが、焼肉特有の煙や匂いはほとんど出ません。
青竹網がそれらの原因である脂身の過熱・炎上を抑えるため、「おいしさの代償として脂の匂い・煙をかぶる」ことはなくなります。

青竹網を使った焼肉について

京都丹波産の真竹を使用

竹は古来より根から葉の先までを全て活用できるほど優れているとされています。
アミノ酸豊富な竹は、特に過熱した際に染み出てくる「いわゆる竹の汗」に血液浄化、血圧安定、視力回復等々・・・、その他多くの効能が見込めると伝えられてきました。
ぜんでは今回の竹網の導入にあたり日本国内の様々な竹の原産地を訪問して適した竹を探してきましたが、最終的に京都丹波産の竹材の使用を決定しました。

新鮮な青竹にこだわりました

ぜんでは竹網に使用する青竹を必要な分だけ、都度仕入れるようにしています。
お店に仕入れた青竹は冷蔵保存され、使用するタイミングで網枠に組み込みお客様にお出ししています。
当然、一度使用した青竹は破棄され再度利用することはありません。常に新鮮な青竹を用いた焼肉を楽しむことができます。

全卓に導入。追加料金等一切なし

肉本来の味わいをより楽しめる青竹網を使った焼肉をより多くの方に体験していただけるように当店ではすべての卓にこの青竹網を導入します。
ぜひ焼肉の常識を覆す(かもしれない)青竹網を使った焼肉をお楽しみください。
※鉄網での焼肉をご希望の場合はお取替えいたしますのでお気軽にご相談ください。

取材・メディア掲載の
お問い合わせ

焼肉店様の自店への
竹網導入のご相談

住所
〒171-0014 東京都豊島区池袋2-8-3 田中ビル1F
電話
03-3985-1426
アクセス
JR山手線池袋駅・東京メトロ副都心線・丸の内線
C6出口より徒歩2分
営業時間
[月~土]17:00 ~ 0:00
[日・祝] 17:00 ~ 22:00
定休日
不定休

×